遺品整理業という仕事

遺品整理という言葉をご存知ですか。

遺品整理とは、故人の家(部屋)の片付けや不要品の処分、掃除を行うことです。

しかし最近では核家族化や高齢化が急速に進み、遺品整理業という仕事が増えてきました。

遺族に代わって、業者が遺品整理をするのです。

遺品整理業の需要が高まってきたので、こういった業者が増えてきたのも事実です。

しかしながら、遺品整理業というものに対して、法の整備が追いついておらず、不法投棄をする業者や、遺品整理と言って法外な料金を請求する業者が少ないですがいます。

遺品整理業を真面目に行っている人にとってはこのような悪質な業者は迷惑な存在でしかありません。

遺品整理業を行っている人たちは、自分たちの仕事に誇りを持って故人と遺族との間を取り持ってくれているのです。

故人が伝えたかったことが残されたものでわかると言います。

決していい加減な気持ちではできない仕事だと思います。